So-net無料ブログ作成

松本清張スペシャル・一年半待て [金曜プレミアム]

「きみが良心的なのは よくわかる。(中略) だけど、その良心が、かたくなで、杓子定規で、まわりの人間を圧迫することもあるんだよ。不幸に追い込むことも、ないとは言えない」



「世の中は、男と女で成り立ってるんだ。男がいるから女は生きていけるんだし、男だって女がいるから生きていけるんだよ。法律とか、正邪善悪とかは、権力者があとから作ったんじゃないか」



「間違いは誰にでもあるよ。ひとの一生は迷路みたいなもんでね、いろんな失敗や過ちを繰り返しながら生きてるんだ。だから、他人には寛容でなければならん。許し合って生きるしかない」



「岡島と須村さと子の生き方を、きみの物差しでコントロールするのはおかしいと言ってるんだ。弁護士にそんな権利があるとは思えないね」



「岡島は(結婚して)不幸になりたがってるんだ。不幸の中に幸せを見つけようとしてるんだ」



「被害者意識は誰でも持つけどね、自分が加害者だってことは、めったに気がつかないんだ。戦争でも、夫婦ゲンカでも、争いごとの根本はそこにあるんだよ。正義ってものは、必ず両方にあるんだ」


フジテレビ/2016年4月15日放送
【脚本】
ジェームス三木/【原作】松本清張
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。