So-net無料ブログ作成
さくらの親子丼 ブログトップ

さくらの親子丼2・第8話(最終回) [さくらの親子丼]

「さくらさんには わかんないんだよ、泥にまみれて、生きてるやつの気持ちがさ。簡単じゃないんだよ、前に進むのって。泥の中、泳ぐのってさ、疲れんだよね」



「彼が更生するのに必要なのは少年院ではありません。社会の中でいろいろなことを学び、秩序を身につけることが大事なんです」



「次の時代は誰が作るんですか。誰のものですか。ぼくたちじゃ、ありませんよ。ましてや、あの裁判所の年寄りでもない。子供たちなんですよ。(中略) その子供たちを傷つけて、社会からはじき出そうとして、どうするんですか」



「あたしが わかってることは、この手で・・・この手で、子供たちと つながって あげることだけです。この手で子供たちに おいしいものを作ってやり、お腹いっぱい食べさせてやる。子供が間違ったことをすれば、この手で叩き、泣いていれば、この手で涙をぬぐってやる。悲しみの中で震える子がいたら、この手で、この手で抱きしめてやる。泥沼に沈む子がいたら、この手でその子の手を握って離さない。桃子先生は、それは間違いって言うだろうけど、でも、あたしが できることは それだけです」



「あんたの人生は泥水なんかじゃない。たとえ いまは泥にまみれてても、あんたの本当の心は ちっとも よごれてないのよ」


フジテレビ/2019年1月26日放送
【脚本】
清水有生/【原作】清水有生
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

さくらの親子丼2・第7話 [さくらの親子丼]

「あんたさ、さっきから聞いてると、親のこと悪く言ってるけど、ホントは愛されたいのよ、親に。でも、あんたは これっぽちも、親のこと愛してないわ。愛はあげなきゃ、もらえないのよ。ちょうだい、ちょうだいって、甘えてるだけじゃダメなの。あんたが愛をあげなきゃ」


フジテレビ/2019年1月19日放送
【脚本】
清水有生/【原作】清水有生
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

さくらの親子丼2・第3話 [さくらの親子丼]

「(ご飯はみんなで食べたほうが おいしいと言いますが)それって、なにか科学的根拠があるんですか。たとえば、ひとが たくさんいると、アミノ酸が増幅するとか」


フジテレビ/2018年12月15日放送
【脚本】
清水有生/【原作】清水有生
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

さくらの親子丼・第8話(最終回) [さくらの親子丼]

「あたしは(悠平を殺した)あなたを絶対に許さない。一生、許すことはないわ。でも、憎むことはやめる。苦しみの中で生きて行くのはツラすぎるから」 →参照(2段目)


フジテレビ/2017年11月25日放送
【脚本】
清水有生/【原作】清水有生
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

さくらの親子丼・第5話 [さくらの親子丼]

「少年院は罪を償うところじゃないわ。やってしまったことを反省して、同じ間違いをしないよう勉強するところよ」



「失敗して流した涙はね、地面に落ちて芽を出すの。その数だけ、幸せの花をいっぱい咲かせるの。だから、いまは泣きたいだけ泣けばいい」


フジテレビ/2017年11月4日放送
【脚本】
清水有生/【原作】清水有生
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

さくらの親子丼・第4話 [さくらの親子丼]

「(摂食障害の)きっかけは人それぞれみたいね。食べる快感で、嫌なことを忘れる。吐く快感で、その瞬間だけストレスを忘れるの。そうやって、自分を痛めつけて壊そうとするのね」



「母はあたしを支配し、あたしの人生に乗り移ったんです。自分が挫折した教師という夢を、あたしを使って果たそうとした――」



「あなたは由希さんのすべてを知ってる。ありとあらゆることを知ってる。こうやって、彼女の人生をせまい部屋の中に閉じ込めて、すべてをわかってるつもりでいる。でも、誰でも気がつくような(手首の)傷を、あなた、見てない。そんな人間に由希さんの心の傷が見えるはずがないわ」


フジテレビ/2017年10月28日放送
【脚本】
清水有生/【原作】清水有生
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

さくらの親子丼・第2話 [さくらの親子丼]

「あたしはね、悠平を失くした悲しみの中で生きてる。あの子は親に殺されかかった苦しみの中で生きてる――。ひとはね、悲しみの中では生きていけるけど、苦しみの中では生きていけないの。だから、あたしが守ってあげなきゃダメなのよ、あの子を」


フジテレビ/2017年10月14日放送
【脚本】
清水有生/【原作】清水有生
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

さくらの親子丼・第1話 [さくらの親子丼]

「子供はみんな幸せになるために生まれてくんのよ。不幸になるつもりで この世にやってくる子なんか、ひとりもいないんだから」



「泣きたいときは、泣けばいい。その流した涙の粒だけ、幸せの花が咲くんだからね」



「あいつの落としたパンは、やっぱりジャムのほうから床に落ちた。でも、何度 落っことしても、また新しくパンにジャムを塗って渡してくれる そんな大人がいる。そのひとは いつまでも達也を待っていてくれる」


フジテレビ/2017年10月7日放送
【脚本】
清水有生/【原作】清水有生
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ
さくらの親子丼 ブログトップ